30万円を借りるための借入方法

おすすめ

すぐに30万円借りれるの?!

いろんな理由があると思いますが貯金がないとか銀行からおろせないなど、30万円以上が必要だとそんなすぐ30万円を用意するのは難しいですね。一月の給料分以上になってくるので、人に「30万円貸して」と言える額でもありません。ではどうするか?金融会社に行けば借りれる手だてがあります。

30万円のキャッシング方法について

30万円が必要だけれども貯金がなかった時はどうやってお金を工面するのが良いのでしょうか。いろいろなキャッシングの方法とメリット・デメリットについて調査しました。

30万円を恋人や友人から借りるメリット・デメリット

飲み会などで手持ちのお金が数千円足りない時などは「明日返すからちょっと貸して」と頼みやすいですが、借りるお金が30万円ともなると貸してくれる友人を見つけるのが難しいかもしれません。恋人や友人からお金を借りる場合、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

◎メリット1、返済日が厳密ではない
借りるときに「来月給料が入ったら返す」と言ったとしても、実際返済するお金がなかった場合は「お金に余裕がないので来月に返す」と言うことも可能です。借りた相手には良く思われないかもしれませんが、厳密な返済日はないと思っていいです。

◎メリット2、利息が付かない
恋人や友人にお金を借りるときには利息は付きません。自分の誠意を見せるために利息を設定することも出来ますが、仲のいい友達なら「いらない」ということもあると思います。30万円は友人に借りるには少し金額が大きいですが、利息代わりに少し高価な食事に誘うなどで済んでしまうでしょう。

◎メリット3、信用情報にキズが付かない
消費者金融や銀行にお金を借りた場合は、返済が遅れると信用情報にキズが付き、別の機会にお金を借りるときや、カードを作るときなどに影響が出ます。しかし恋人や友人から借金をした場合は、返済が遅れても、それらの信用情報には一切キズは付きません。

デメリット

×デメリット1、友人・恋人関係が壊れることもある
とても仲のいい友人や恋人なら30万円を貸してくれるかもしれませんが、「借金」の話をした時点で少し引かれるかもしれません。お金を貸してくれたとしても、その後返済が遅れたり滞ったりした場合は、友人関係は壊れると思っていた方がいいです。

×デメリット2、友人間の信用にキズがつく
返済が遅れても金融会社の信用情報にはキズは付きませんが、友人間の信用にはキズが付くでしょう。共通の友達がいた場合は、その友達も失うことになるかもしれません。

上手に恋人や友人からお金を借りるにはどうすればいいか

30万円ともなると、かなり仲のいい友人でないとお金を貸してくれないかもしれません。しかし、返済が遅れた時などは友達との仲が壊れることも考えなければいけません。

それでも友人や恋人からお金を借りる場合は、「なぜお金が必要なのか」をきちんと話し、一括で返せるのか分割にしてもらうのか、手渡しか振込かなど返済計画をしっかり立てるようにし、「借用書」を書いて誠意を見せるようにしましょう。友人や恋人は信用するからこそお金を貸してくれるので、その信用を裏切らないように行動しなければいけません。

30万円を親族から借りるメリット・デメリット

お金が必要になった時に、まっさきに思い浮かべるのが親や兄弟などの親族ではないでしょうか。借金を頼まれた方も親族だと思うなら、どうにかしてやりたいと思うかもしれません。親族にお金を借りた場合はどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

◎メリット1、返済日がない
友人に借りた時以上に返済日がないと言ってもいいでしょう。親族間なら連絡しないまま多少返済が遅れても、それほど問題になりません。
また、毎月の返済額の減額や期間の延長など、返済に関しての融通も利きやすいです。

◎メリット2、利息が付かない
親族にお金を借りるメリットで一番大きいのは、利息が付かないということではないでしょうか。親族間で利息を付けてお金を貸すというのはあまり聞きません。利息代わりに菓子折りでも大丈夫そうです。

◎メリット3、誰よりも借りやすい
親にお金を借りるときは、何か特別必要なものもありません。「30万円貸して」と言えば、お金に余裕がある家ならばすぐに貸してくれるでしょう。

子供のためと思えば、すぐに用意できない家でもどうにか工面してくれるかもしれません。振り込め詐欺などが多いのを見ると、子供のために親はすぐにお金を用意すると思っていいです。

デメリット

×デメリット1、贈与税がかかることがある
親族間の借金のメリットとして利息がかからないことを上げましたが、無利息でお金を貸すと贈与とみなされ贈与税がかかってしまうことがあります。

しかし利息相当分が1年間で110万円以下なら贈与税は非課税になるので、借りた金額が30万円なら贈与税がかかることはありません。

×デメリット2、心配をかけてしまう
離れて暮らしている子どもや親族に「お金を貸して」と言われたら、ちゃんと生活できているのかと心配をしてしまう人も多いと思います。親族にお金は借りやすいですが、親族だからこそ心配をかけてしまうこともあります。

×デメリット3、口出ししてくるようになる
お金を借りたことで、今まで以上に生活態度やお金の使い方に口を出してくるようになるかもしれません。お金を借りている以上、反論するのは難しく精神的にストレスを感じることもあります。

上手に親族間からお金を借りるのにはどうしたらいいか

親族間であっても借りたものはきちんと返さなければいけません。あまりに返済が滞ると絶縁ということもあるかもしれません。

30万円の借金なら贈与税がかかることはありませんが、返す意思がちゃんとあることを相手に示すためと、贈与とみなされないために「借用書」を作っておいた方がいいでしょう。

親族だからと言って返済が遅れることがないように、きちんと返済計画を立てて借りるようにしましょう。

30万円を銀行から借りるメリット・デメリット

友人などの知人や親族でお金を借りると、その後の関係にヒビが入ってしまうこともありますが、銀行で借りることが出来ればそういった心配はありません。銀行からお金を借りるにはカードローンを利用するのが便利です。銀行カードローンのメリットとデメリットを調べてみました。

メリット

◎メリット1、消費者金融よりも金利が低い
銀行からお金を借りるときには金利がかかりますが、銀行の金利は消費者金融よりも低いです。最高限度額が大きい人ほど適用金利は低くなるので、同じ30万円を借りるにしても、人それぞれで金利が違ってきます。

初めて銀行のカードローンを利用する人の限度額は低く設定されるので、だいたい適用される金利は上限金利になりますが、それでも平均年14%〜15%くらいの金利で借り入れることができます。

◎メリット2、最高限度額が大きい

銀行の最高限度額は800万円までと設定しているところが多いですが、大手都市銀行のみずほ銀行は1,000万円の限度額を設定しています。

30万円借りるのに最高限度額は関係ないと思うかもしれませんが、限度額が大きい人ほど金利は低くなるので、限度額が800万円の人が30万円借りても設定された金利が適応され、お得に借り入れることができます。

◎メリット3、安心感が大きい

銀行は優良企業というイメージがあるように、銀行で借り入れることができたら、消費者金融で借り入れした時よりも精神的な安心感は大きいのではないでしょうか。もし、返済が遅れたとしてもひどい取り立てがあるわけではないので、その点からも安心して借りることができます。

◎メリット4、総量規制がない

消費者金融だと「貸金業法」により年収の3分の1までしか借り入れができない「総量規制」がありますが、銀行は「銀行法」が適用されるので、総量規制がありません。

もし消費者金融や他の銀行ですでに借金があり、借入額が年収の3分の1以上になった場合でも、審査は厳しくなると思いますが法律的には借り入れることが可能です。

デメリット

×デメリット1、審査が厳しい

銀行のカードローンは金利が低い分審査が厳しめだと言われています。銀行カードローンには保証会社があり、この保証会社の審査が通らないと融資を受けることが出来ません。

一般的には保証会社は1社ですが、2社ついている銀行もあります。保証会社が2社ついていると、どちらか1社の審査に通過すれば借り入れることが出来るので、銀行の審査に通る自信がない人は保証会社が2社ついている銀行を選ぶのをおすすめします。

×デメリット2、パートやアルバイトだと利用できない場合がある

カードローンを利用する際の1番の条件は、安定した収入があることです。しかし、パートやアルバイト勤務だと安定した収入があるとは言い難く、審査が厳しいと言われる銀行のカードローンでは審査が通りにくいです。

×デメリット3、銀行口座が必要なところがある

借り入れたお金は、その銀行の普通口座に振込されるのが一般的です。そのため、カードローンを利用する際に口座を持っていないと口座を開設する必要があります。口座が必要なカードローンは規約に、返済が遅れた時には普通口座の預金を返済に充てられることが書いてあるので、それが嫌な人は口座が必要ないカードローンを選ぶようにしましょう。

30万円を消費者金融から借りるメリット・デメリット

銀行と同じように消費者金融にもカードローンがあります。今ではいろいろなところで無人契約機を見かけるようになり、簡単に利用することができます。消費者金融で借りた場合はどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

◎メリット1、比較的審査がゆるい
消費者金融のカードローンは銀行のカードローンよりも審査がゆるいと言われています。実際、銀行のカードローンの審査は落ちたけれど、消費者金融のカードローンは利用できたという話もよく聞きます。借り入れるためには安定した収入があることが大前提ですが、パートやアルバイトでも借り入れ可能としている消費者金融も多いです。

◎メリット2、即日融資可能な業者が多い
消費者金融の審査はとても速いので、申し込んだその日に現金を手にすることもできます。最短30分で審査が可能な消費者金融もあり、審査結果が早く出ればそれだけ融資までの時間も早くなるので、急ぎで現金が必要になった時にはとても便利に利用できます。

◎メリット3、無利息期間がある
初めて利用する人や条件をクリアした人には30日間の無利息の期間を設けている消費者金融もあります。この期間中に全額返済することが出来れば、実質無利息でお金を借りることができます。全額返済はムリだとしても、少しでも元本を減らせばそれだけかかる利息も減らすことができます。このサービスを上手に利用すれば、銀行のカードローンを利用するよりも支払総額を減らすことも可能です。

デメリット

×デメリット1、金利が銀行と比べると高い
消費者金融というと金利が高いというイメージがありますが、2010年に貸金業法が改正されてからは上限金利が大幅に引き下げられました。以前ほどの高金利ではなくなりましたが、銀行の上限金利はだいたい14〜15%くらいなのと比べると消費者金融の上限金利はだいたい18%くらいなので、やはり銀行よりは金利は高めの設定になっています。

×デメリット2、総量規制がある
銀行のカードローンのメリットでもあげましたが、消費者金融には年収の3分の1までしか借り入れることが出来ない「総量規制」が適応されます。

30万円借り入れるためには、年収が90万円以上なくては借りることが出来ません。また他社で借入があるときは、借入額が年収の3分の1以上になると借りることが出来なくなるので注意が必要です。

×デメリット3、イメージがあまり良くない
少し前までは「サラ金」と言われ、取り立てが厳しく高金利というイメージがあります。実際、2010年に貸金業法が改正されるまでは金利は高く、グレーゾーン金利が存在し過払い金が発生していました。

貸金業法が改正されてからはだいぶイメージも良くなってきましたが、以前のことを知っている人にとっては、今でもあまりいいイメージはないのではないでしょうか。

30万円をカードローンで借りた場合の金利はどれくらい?

金融機関ごとや限度額ごとに金利は違いますが、30万円を借りた時の平均的な金利はどれくらいになるのでしょうか。

30万円を初めて借りる人はほとんどが上限金利で借り入れることになるので、上限金利で借りた場合と限度額が大きい人に適応される下限金利の両方で、銀行カードローンと消費者金融のカードローンとを調べてみました。

*借入額:30万円 返済期間:12ヶ月  

【銀行カードローン】
平均的な金利水準:3%〜15%

毎月支払額 利息 支払総額
平均上限金利 年15% 27,077円 24,925円 324,925円
平均下限金利 年3% 25,408円 4,892円 304,892円

【消費者金融カードローン】
平均的な金利水準:5%〜18%

毎月支払額 利息 支払総額
平均上限金利 年18% 27,503円 30,044円 330,044円
平均下限金利 年5% 25,682円 8,180円 308,180円
毎月支払額 利息 支払総額
平均上限金利 年18% 27,503円 30,044円 330,044円
平均下限金利 年5% 25,682円 8,180円 308,180円

金利の違いによってかかる利息がだいぶ違うことがわかります。低い金利で借り入れが出来れば支払総額もかなり減ります。

カードローンの返済方法は、毎月設定された最低金額を支払えばいいので、毎月の支払額を減らすとその分返済期間が延び、支払う利息も多くなります。

繰り上げ返済も可能なので、余裕があるときは繰り上げ返済をして元本を減らせば支払う利息も減ります。

30万円を迅速に借りるにはどの方法が一番良い?

30万円を借りる方法はいろいろとありますが、どの方法が時間をかけずに借りることが出来るでしょうか。

1位:親に借りる

きちんとした理由があり自分の親でも誠意をもってお願いすれば、お金に多少余裕がある家なら30万円くらいはすぐに貸してもらえるのではないでしょうか。
一緒に住んでいたり、実家が近いのならば直接取りに行くことも可能ですし、遠方だった場合は「今日中に振り込んで」と言えば、出来るだけやってやりたいと思うのが親心です。

2位:消費者金融のカードローン

親に心配はかけたくない人や頼りたくない人には、消費者金融のカードローンがおすすめです。

審査が早いので即日融資が可能な業者も多く、無人契約機などで現金が受け取ることが出来るので、急ぎでお金が必要な人にはとても便利です。

業者によって違いはありますが、だいたい平日の2時くらいまでにWEB契約を完了することが出来れば、直接店舗に行く必要なく借り入れることができます。また、平日午後や土日祝でも即日融資ができる業者があるのも心強いです。

3位:銀行のカードローン

消費者金融よりも数は少ないですが、銀行のカードローンでも即日融資に対応している商品があります。

銀行で借入が出来れば安心感も大きいですが、直接店舗へ行って手続きをしなければいけない銀行もあるので、銀行が近くにないと即日融資は難しいです。

早く現金が欲しい場合、もっとも審査が早いキャッシングはどこ?

どんなに急いでいても審査に時間がかかってしまうと現金を手にするまでの時間も遅くなってしまいます。即日融資が可能なキャッシングの中でも審査が早いのはどの商品なのでしょうか。

モビット

モビットには「10秒審査」があり、インターネットから審査の申し込みができます。この審査は、他社の「お試し審査」や「借入診断」と呼ばれる「簡易審査」とは異なり、本審査とほとんど変わらない審査となります。

入力項目は個人情報、住まい、勤め先、契約希望額の4項目あり、その中でも細かい項目に分かれ入力するようになっています。全て入力するのに、5分〜10分くらいかかってしまいますが、入力した後は10秒で審査が可能です。平日だと14時50分までに振込の手続きを完了すれば当日の融資が可能です。

>>モビットの公式サイトはこちら

新生銀行レイク

新生銀行レイクは自動審査の対応中なら、ホームページ、自動契約機、携帯電話、電話のどれかから申込みをすると、その場で仮審査の結果がわかります。
仮審査の後に本審査が行われますが、仮審査と本審査の結果が異なることはあまりないようです。本審査には書類の提出が必要なので、早く現金を受け取るためにはあらかじめ書類を用意しておきましょう。

自動審査が可能な時間
第3日曜日8:10〜19:00
第3日曜日以外8:10〜21:50

>>新生銀行レイクの公式サイトはこちら

30万円を借りるのにおすすめのキャッシングを比較

キャッシングする際には金利に重点を置くのか、即日融資してくれるところを選ぶのかでもおすすめのキャッシングは変わってきます。それぞれのおすすめのキャッシングを調べてみました。

金利重視で比較

借り入れたい日にちに余裕があるのならば、金利が低いキャッシングを利用した方がいいでしょう。銀行のカードローンがおすすめになります。

30万円の借り入れの場合、適応される金利は上限金利の場合が多いので、下限金利が低いよりも上限金利が低いカードローンを選びましょう。

上限金利 下限金利 備考
りそな銀行カードローン 年12.475% 年3.5% 住宅ローン利用でさらに△0.5%
みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 年14.0% 年3.5% 住宅ローン利用でさらに△0.5%
三井住友銀行カードローン 年14.5% 年4.0% 口座不要/即日融資可能
楽天銀行スーパーローン 年14.5% 年4.9% -
三菱東京UFJ銀行カードローン (バンクイック) 年14.6% 年4.6% 口座不要/即日融資可能

即日融資を重視で比較

とにかく今すぐお金が必要になった場合は即日融資可能なキャッシングを利用しましょう。土日でも即日融資できるキャッシングできる金融機関もありますが、土日の場合は直接契約機に行くことになります。
土日でも即日融資可能なキャッシングをまとめました。

金利 契約機の営業時間 備考
プロミス 年4.5%〜17.8% 9時〜22時
一部店舗は21時まで
最短30分審査回答
最短1時間で融資
アコム 年4.7%〜18.0% 8時〜22時
一部異なる店舗あり
最短30分審査回答
最短1時間で融資
モビット 年3.0%〜18.0% 9時〜21時
場所ごとに営業時間が異なる
10秒審査
最短即日融資
アイフル 年4.5%〜18.0% 8時〜22時
一部異なる店舗あり
最短30分審査回答
最短1時間で融資
三菱東京UFJ銀行 年4.6%〜14.6% 平日・土曜日
9時〜20時
祝日
10時〜18時
日曜日
10時〜17時
最短30分審査回答
最短即日融資
三井住友銀行 年4.0%〜14.5% 9時〜21時
一部異なる店舗あり
最短30分審査回答
口座不要
即日融資可能
新生銀行レイク 年4.5%〜18.0% 平日・土曜日
8:45〜24:00
日曜日・祝日
8:45〜22:00
第3土曜日
8:45〜19:00
利用が初めての人は
8:45〜21:00

無利息期間がある金融機関で比較

30万円を一括で返済するのはかなり大変ですが、返済できる予定があるのなら無利息期間があるキャッシングをおすすめします。

金利 無利息期間 条件
プロミス 年4.5%〜17.8% 利用翌日から30日間 メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要
アコム 年4.7%〜18.0% 契約日の翌日から30日間 初めて契約した方
返済期日「35日ごと」で契約した方
アイフル 年4.5%〜18.0% 契約日の翌日から30日間 初めて契約した方
新生銀行レイ 年4.5%〜18.0% 契約日の翌日から30日間または 初めて契約した方
契約額に関係なく
借入額のうち5万円まで180日間 初めて契約した方
契約額1〜200万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 年2.5%〜18.0% 初回借入日から30日間 初めて契約した方

みんなが30万円ぐらいの金額を借りるのに多い理由

30万円というと、大金というほどではないものの少しまとまったお金と言えると思います。30万円を借りる理由にはどんなものがあるのでしょうか。

●入院費
突然のケガや病気で入院が必要になった時や出産費用のために利用。

●生活費
会社を辞めてしまったり解雇され突然収入がなくなってしまった時に、当面の生活費として利用。

●入学金
子どもの入学金が足りなかったので、足りない分を利用

●車の修理代
車の故障や事故で修理が必要になったために利用

30万円を借りた理由の多くは「突然」や「急に」など予期していなかった出費があった時や、イベントごとなど少しまとまったお金が必要になったときに利用する人が多いようです。

まとめ

30万円は友人や恋人に借りるには金額が大きく、返済が遅れた時などのことを考えるとキャッシングを利用した方がいいでしょう。

30万円は小さい額とは言えませんが、キャッシングの限度額からしたら一番低いランクなので、それほど収入がない人でも借りることが出来ると思います。

すぐに現金が必要な人でも即日融資が可能なカードローンもたくさんあり、無利息期間を設けているローン会社もあるので自分にあった商品を利用するのが良いでしょう。

以前ほどキャッシングのイメージは悪くなく気軽に借りることが出来るようになりました。しかし、借り過ぎてしまうと後々大変なので、きちんとした計画を持って利用するようにしましょう。

最新のエントリー一覧

分割ではありましたが、しっかりとお金を返してくれた友人。
"私がお金を貸し場合は、絶対に信頼のできる人物にしかお金を貸しません。 その時の...

親友Y
"私の親友Yは、ギャンブル依存症です。 しかし、なぜか金銭などに関する信頼は高い...

ママ友間でのお金の貸し借り
"数年前、子供の幼稚園入園を控え、幼稚園に入園説明会に行きました。 その時に体操...